投稿

12月, 2018の投稿を表示しています

Amazonやらせレビューの見極め!

イメージ
最近はAmazonのやらせレビューも高度化してきて、見極めが難しくなってきていますね。
基本的に、買う商品が決まっていて、その商品を注文することが多いので、あまりレビューを気にして買わないのですが、同じような商品から選ぶ場合は、どうしてもレビューを確認することになります。

そんな時に、以前のやらせレビューは、おかしな日本語が多かったので、比較的容易に見分けがついたのですが、最近は、販売側も巧妙になってきて、日本人を使ったやらせレビューも多く、見極めが難しくなってきています。

Amazonで商品を購入し、レビューで☆5を付けると、返金され、実質ただで商品が手に入るというものなどがあるようです。

Amazonの販売システムが、悪い方向へ働いてしまい、こう言ったやらせレビューを作り出してしまったのでしょうが、ちょっと残念ですね。

私の場合、買うものが決まっていることが多いのですが、複数有る同様の商品から選ぶ場合には、レビューを参考にする事があります。


では、どんなレビューが怪しいのか?やらせレビューワーの見極めを中心に見ていきます。

☆5と☆1
☆5は自社製品の評価を上げるためで、☆1は競合製品の評価を下げるために使われます。

私もAmazonで時々購入しますが、普通に使えたら☆3、何かプラズαががあって☆4と言う感じです。

☆5は機能が優れている商品で自分の想定を超える良品にしか付けません。

しかし、現実のレビューでは、「問題無く使えました」で☆5とかを見かけます。

個人的には、☆5を安売りしすぎでは無いかと感じています。


おかしな日本語のレビュー
日本では使われていない感じや熟語なの、一見して分かるようなおかしな日本語のレビューは未だに多数存在しています。

このようなレビューが存在していると言うことは、やらせレビューワーを使っている可能性が高いので、レビュー全体の信頼性ががた落ちです。


投稿者のレビューを確認
☆5投稿者の過去のレビューを確認して、レビューにやたら☆5が多い人のレビューは、評価が甘いか、やらせを疑います。

PRIME商品にばかりレビューをしていて、直販品へのレビューが無い投稿者も、やらせの可能性が排除出来ない以上スルー推奨です。


個人名の投稿
大抵の人は、わざわざ投稿名を名前にしないとおもいます。

今のご時世に、ごく普通の名字と名前とか、こんな名前…

【パチンコ】三重県のパチンコオールナイト営業

もうすぐ年末ですね。パチンコ好きな人なら知っている方も多いかもしれませんが、三重県限定で、大晦日から元旦にかけてオールナイト営業する店舗があります。
そもそも、なんで三重県だけ?

1985年に施行された「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例の改正」で、年末年始に限り夜通し営業が認められるようになったようです。

ちなみに、当時は伊勢神宮へ年末年始に参拝する人々のためにトイレを貸すという大義名分で営業を認めたようです。


私も数年前に、どんなものかと思い桑名のパチンコ店へ午前3時頃行きましたが、とにかくすごい人でした。


1店舗目は、やっと駐車場を見つけて店舗に入りましたが、空き台無し。

2店舗目は、駐車場に駐めるスペースが無く断念。

3店舗目でやっと空き台を見つけましたが、あいている台に座るしかない状況でした。

どの店舗も空き待ちの客であふれていました。


駐車場には私のような県外ナンバーの車ががとてもたくさん止まっていました。

名古屋だけで無く、色んな地域のナンバープレートが集まっていました。

桑名は名古屋からも近いので、混みやすいのかと思いますが、残念ながら更に伊勢神宮に近い地域のパチンコ店は確認したことがありません。


昼過ぎくらいまでそこでパチンコをして、プラマイゼロくらいのところでやめたのですが、店員は、もうろうとした状態で働いていました。

私がオールナイト営業に行ったのは、この一度きりです。


また行きたいかって?


ここ数年パチンコ自体に行ってないし、疲れるだけなので、もういいかな・・・

でも、印象深かったので、すごくアタマに残っています。

最大40時間まであるようですが、興味と体力のある方は・・・・・・

【アドセンス】タバコに関するコンテンツについて

イメージ
最近ヴェポライザーの記事を書いているのですが、時々ポリシー違反になります。
違反内容は、

タバコに関するコンテンツについて

Google のプログラム ポリシーに記載されているとおり、巻きタバコ、葉巻、タバコパイプ、巻紙など、タバコやその関連商品を宣伝しているページに Google 広告を掲載することは許可されません。

と言うことで、タバコ関連の商品の宣伝と認識されると、広告配信が制限されます。

ヴェポライザーに関する記事を書いていない頃には、こういった違反に該当したことはなかったのですが・・・

当初は、アドセンスではタバコに関するコンテンツがポリシー違反になるとは知らなかったので、アフィリエイトでヴェポライザーへのリンクを貼っていました。

当然ですが、ポリシー違反となりました。

しかし、リンクを外しても消えないことがあります。

私としては、ヴェポライザーの使用で、タバコ代が節約になったと言うことを言いたいのですが、結果として、ヴェポライザーの宣伝と受け止められる結果になっていると言うことだと思います。

放置すると、歯抜けページになってしまうので、回避すべく記事を書き直しています。

取とりあえず、これがダメだと思われることを列挙しておきます。
リンク先

・タバコ関連製品のページ(販売ページでは無くても場合によって違反となるようです)


上の写真は、C-Vapor3のヒーティングチューブスペーサーですが、販売ページへのリンクはダメです。

・ニコチン入りのリキッドの使用が出来るのでvape関係のページ

・タバコ関連のために使う工具類(ヴェポライザーの記事でなければOKなものでもダメみたいです)


スペーサーとして使うなら、パイプや、パイプカッターの販売ページもダメっぽいです。

文章

・喫煙を推奨するような内容


ざっとこんなところですが、タバコ関連の記事自体がダメなわけではないようで、今自分が使っているものを紹介する程度は違反とはならないようです。

リンク先の内容のために違反とされることもあるので、リンクは極力控えて、タバコ関連商品を宣伝せず、日常を紹介する感じなら、違反とはならないのではないかと感じています。

アフェリエイトが主な目的ではないので、タバコやその関連商品の宣伝と受け止められないように気をつけていこうと思います。