投稿

8月, 2019の投稿を表示しています

au、ソフトバンクに続き、NTTドコモもファーウェイ製のAndroidスマートフォン「HUAWEI P30 Pro HW-02L」の予約受付再開

NTTドコモも、au、ソフトバンクに続いてファーウェイ製のスマートフォン「P30 Pro」予約を8月21日から再開します。発売は9月の予定。
auがP30 lite の発売を再開したときに、8月6日に開かれたNTT持株会社の決算説明会では、こうした動きについて澤田純社長(NTT)が「お客様に迷惑をかける可能性が高いのではないか。同業者として、おかしな取り組みだと感じている」と否定的に発言したのですが、結局発売を再開することになったようです。

8月19日に米商務省がファーウェイに対する禁輸措置の猶予期間を延長したことなどを踏まえ、「現時点ではユーザーに影響なく使えると判断した」として、予約受付・販売を再開したとのことですが、情況はあまり変わっていないように思うのは私だけでしょうか?

「舌の根の乾かぬうち」というのはまさに今回のようなことをいうのでしょうね。

キャリヤは専用モデルでしょうから、一定数売らないと損害が発生するから売らざるを得ないのかもしれない?ですね。

auやソフトバンクも同様ですが、大人の事情というか企業の事情もあるのでしょう。しかし、何を根拠に判断したのか説明がほしかった。

私は、auのP20liteを使っていて、先日android8から9へアップグレードはありました。しかし、P30についてはOSアップデート確約されるまで購入はちょっと怖い気もします。

魅力的なスマホですが、トランプ大統領の一言で、吹っ飛んでしまう今の情況は・・・

スマホ(ファーウェイP20lite)で電話の誤発信が頻繁に起こるので、ちょっと対策しました

イメージ
最近、頻繁にスマホで電話の誤発信が発生するので、発信確認が出来る良いアプリがないか探してみたのですが、見つからないので、アプリを使わない方法をやってみました。

電話の発信前に確認ボタンが出るのが理想ですが、Android9には、その機能がありません。

以前のスマホでは電話の誤発信は無かったのですが、指紋や顔認証が出来るようになって、予期せずスマホの画面が出るようになったのが原因だとは思います。

私が現在使っているのは、ファーウェイのP20liteで、Android8の頃には誤発信はなかったのに9にバージョンアップしてから頻発するようになりました。

なぜ誤発信が頻発するのかはわかりませんが、便利になって誤動作が増えるというのは、困ったものです。

こまめに発着信の履歴を消すのも一つの手ですが、ちょっと煩わしい。

ということで、以下のようにしました。

対策
まず、スマホの画面を一つ増やします。

続いて、増やした画面に電話のアイコンを移動。


これだけです。

多分これで誤発信はなくなると思うのですが、しばらくは様子見です。

※追記:この対策をした後は、御発信が無くなりました。


小泉進次郎衆院議員が滝川クリステルさんと結婚

自民党の小泉進次郎衆議院議員は7日午後、総理大臣官邸で記者団に対し、フリーアナウンサーの滝川クリステルさんと結婚することを明らかにしました。滝川さんは妊娠しているとのことです。

小泉議員は、まだ若いという印象でしたが、もう38歳だったんですね。

おめでとうございます!


小泉進次郎
第89代内閣総理大臣小泉純一郎の次男
自民党衆議院議員
生年月日:1981年4月14日(38歳)
出身校:関東学院大学経済学部経営学科・コロンビア大学大学院修士課程


滝川クリステル
父はフランス人で母は日本人
本名:滝川 ラルドゥ・クリステル雅美
国籍:日本
生年月日:1977年10月1日(41歳)
血液型:AB型
最終学歴:青山学院大学文学部フランス文学科
所属事務所:フォニックス
職歴:元共同テレビアナウンサー(フジテレビへ出向の後、専属契約)


Windows10 May 2019 Update(1903)不具合が発生したのでアップデートを削除した

イメージ
私は普段、デスクトップPCを2台とノートPCを1台使っているのですが、先日、Windows 10 May 2019 Updateが落ちてきました。


毎回思うのですが、色々な設定がリセットされるので、非常に煩わしく思います。


今回もリセットされた設定を元に戻して使用しているのですが、ノートPCのみ不具合が発生しました。


どんな情況かというと、当初はスリープから復帰できなかったり、LANがつながらなくなったりしました。


スリープに入った後は、強制終了して再度電源を入れても起動出来なくなりました。


ちなみにそのノートPCは、「IdeaPad S205」です。


古いPCなので、いよいよ壊れたかと思い、電源を抜いて、一旦片付けようと思ったのですが、翌日思い直して電源を入れてみたら普通に起動しました。


起動できない情況と、起動できる情況の違いは、電源をつなげているかいないかだけ。


電源をつながなければ起動できることは確認できたのですが、バッテリーは弱ってしまっているので、使い物になりません。


そもそも、アップデート前は何も問題なかったので、この症状の原因はアップデートだと思い、とりあえずアップデートを削除することにしました。


Windowsの設定画面を開き、「更新とセキュリティ」を選択。


続いて「更新の履歴を表示する」を選択すると、「更新プログラムをアンインストール」とあるので、これを選択して後は画面の指示に従います。





私のノートPCはこれで問題なく起動できるようになり、スリープからの復帰も出来るようになりました。


ちなみに、デスクトップPCは今のところ、特に不具合は出ていません。


このアップグレードプログラムは、そもそも5月に配布を開始したものでしたが、不具合で延期されていました。


マイクロソフトには、いい加減ユーザーにWindowsのバグフィックスをさせるのはやめてほしいですね。


次善の策として、Windows Updateの画面から「詳細オプション」を選択すると、更新を一時停止できますので、35日間だけでも停止しておくのが良いかもしれません。



※追記

先日、November 2019 Updateが落ちてきました。やはり、同様の症状でしたので、再びアップデートを削除しました。