私が使ってきたスマホの記録:IS03からreno5Aまで


IS03~reno5A
左:IS03 右:reno5A

こんにちは!

今回は、今まで私が使ってきたスマホを紹介しようと思います。と言っても、それほど沢山使ったわけではありませんが、どんなスマホだったか、思い出しながら書いていこうと思います。家族全員iPhone使いになってしまいましたが、10万円超のスマホを買うならPCが欲しいというタイプなので、Andoroidで頑張っています。

私の初めての携帯は、IDOのミニモだったと思います。それから色々な携帯を使い、初めて手にしたスマホは、「シャープIS03」でした。

・シャープIS03(2010年11月発売)

サイズ:121 × 63 × 12.6 mm

重さ:138g

ディスプレイ:3.5インチ+画面下0.5インチ

RAM:512MB

ROM:1GB

CPU:Snapdragon S1

OS: Android 2.1.1

よくフリーズするスマホでした。インカメは無く、アウトカメラだけでしたが、デジカメ代わりによく働いてくれました。あと、テレビ用のアンテナが内蔵されていて、ワンセグが視聴可能ですが、部屋の中などはほとんど見ることが出来ませんでした。 赤外線通信・bluetooth・FeliCaもあり、機能的には今のスマホと遜色ありませんでした。この記事を書くときに、古いスマホを探したのですが、たまたまこのスマホが見つかったので充電してやったら、起動は出来ました。ただ、googleアカウントにログインできないため、実質的には使い物になりませんでした。

次に購入したのは「HTC J ISW13HT」です。「シャープIS03」がよく固まるし、バッテリーの持ちが悪くなってきて来たところで、米Beats Electronics社製(Beats Audioブランド)のステレオイヤホンが同梱されていることに惹かれて、「HTC J ISW13HT」を購入したような記憶です。


・HTC J ISW13HT(2012年5月発売)

サイズ:132 × 66 × 10 mm

重さ:142g

ディスプレイ:4.3インチ有機EL

RAM:1GB

ROM:16GB

CPU:Snapdragon S4 Plus

OS: Android 4.0.3

ちなみにこのスマホは、私にとって初めてのインカメ付きのスマホでした。可も無く不可も無く、特に不満はありませんでしたが、段々発売されるスマホが大画面化していき、物欲に負けて購入したのが、「LG isai FL LGL24」です。


・LG isai FL LGL24(2014年7月発売)

サイズ:145 × 76 × 10.5 mm

重さ:142g

ディスプレイ:5.5インチ

RAM:2GB

ROM:32GB

CPU:Snapdragon 801

OS: Android 4.4

このスマホは、フルセグも視聴可能でした。当時のフル装備スマホといったところで、フリーズもほとんど無くなり、快適に使うことが出来ました。気に入らなかったのは、インカメが画面下にあったことぐらいで、画面も広く、3年程使いましたが、ある日何の前触れもなく電源が切れて、その後復活しませんでした。当初、「aquos sense2」の発売を待って機種変更するつもりだったのですが、急にお亡くなりになってしまったので、急遽購入したのは「HUAWEI P20 lite HWV32」でした。


・HUAWEI P20 lite HWV32(2018年6月発売)

サイズ:149 × 71 × 7.4 mm

重さ:145g

ディスプレイ:5.84インチ

RAM:4GB

ROM:32GB

CPU:Kirin 659

OS: Android 8.0

LGL24を長く使っていたことも有り、ここで一気にAndroid8.0まで飛びました。動作等何も不満はありませんでしたが、元々aquos sense シリーズが欲しかったところに、「AQUOS sense3 plus サウンド SHV46」が発売され、息子のiphoneを機種変更にいったときに物欲に負けて購入しました。


・AQUOS sense3 plus サウンド SHV46(2019年12月発売)

サイズ:160×75×8.7mm

重さ:175g

ディスプレイ:6.0インチ

RAM:6GB

ROM:64GB

CPU:Snapdragon™ 636

OS: Android™ 9 Pie

電池もちも良く、何も問題なかったのですが、ウマ娘を始めたところ、育成にiphone XR の倍ほどの時間がかかることが分かりました。実際、ゲームを始めた頃よりも育成頻度がかなり落ちていたので、もっと高性能なスマホが欲しいと思い、通信量等を考慮して、楽天モバイルへMNPで転出し、併せて「OPPO Reno5 A」を購入しました。


・OPPO Reno5 A

サイズ:約162 x 約74.6 x 約8.2 (mm)

重量:約182g

ディスプレイ

サイズ / 種類:約6.5インチ / TFT

解像度:FHD+ / 2,400 × 1,080

CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 765G / オクタコア 2.4GHz + 2.2GHz + 1.8GHz

OS:Android™ 11

内蔵メモリ(RAM / ROM):6GB (RAM) / 128GB (ROM)

外部メモリ:micro SDXC™ (最大 1024GB)

バッテリー容量:約4,000mAh

ワイヤレス充電:非対応

連続待受時間:LTE約350時間 3G約350時間 

連続通話時間:LTE約24時間 3G約24時間

通信速度:LTE 受信時400Mbps LTE 送信時150Mbps

SIM:nanoSIM x 2 / eSIM

ワンセグ / フルセグ:非対応 / 非対応

おサイフケータイ:対応

NFC:対応

防水 / 防塵:対応 (IPX8 / IP6X)

耐衝撃:非対応

生体認証(指紋 / 顔):対応 / 対応

VoLTE(Rakuten, docomo, au, SoftBank):対応 / 対応 / 対応 / 非対応

急速充電:対応

付属品

保護ケース×1 / 保護フィルム(貼付済み)×1 / クイックガイド×1 / 安全ガイド×1 / SIMカード取出し用ピン×1

通信

4x4 MIMO:対応

256 QAM:対応

Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac

テザリング:10台

Bluetooth®:Ver.5.1

赤外線通信:非対応

カメラ

メインカメラ(外側)

解像度:約6,400万画素 (メイン) + 約800万画素 (超広角) + 約200万画素 (マクロ) + 約200万画素 (モノクロ)

オプティカルズーム(写真 / 動画):非対応

デジタルズーム(写真 / 動画):約20倍 / 10倍

手振れ補正(写真 / 動画):非対応 / 対応

オートフォーカス:対応

F値:f/1.7, f/2.2, f/2.4, f/2.4

ISO(最大):6,400

HDR:対応

LEDフラッシュ:対応

AIカメラ:対応

フロントカメラ(内側)

解像度:約1,600万画素

オプティカルズーム(写真 / 動画):非対応

デジタルズーム(写真 / 動画):非対応

手振れ補正(写真 / 動画):非対応 / 対応

オートフォーカス:非対応

F値:f/2

ISO(最大):-

HDR:対応

LEDフラッシュ:非対応

AIカメラ:非対応

その他

ハイレゾ・オーディオ:対応

緊急速報機能:対応

イヤホンマイクジャック:対応

USB:USB Type-C / USB 2.0

GPS:対応

動画コーデック:H.263 / H.264 / H.265 / MPEG-2 Video / MPEG-4 Video / VP8 / VP9 /

対応周波数

5G (Sub6):Band n3 (1.8GHz) / Band n28 (700MHz) / Band n77 (3.8GHz) / Band n78 (3.6GHz)

FDD-LTE:Band 1 (2.1GHz) / Band 2 (1.9GHz) / Band 3 (1.8GHz) / Band 4 (1.7GHz/2.1GHz AWS) / Band 5 (850MHz) / Band 7 (2.6GHz) / Band 8 (900MHz) / Band 12 (700MHz) / Band 17 (700MHz) / Band 18 (800MHz) / Band 19 (800MHz) / Band 26 (800MHz) / Band 28 (700MHz APT) /

TD-LTE:Band 38 (2.6GHz) / Band 39 (1.9GHz) / Band 40 (2.3GHz) / Band 41 (2.5GHz) / Band 42 (3.4GHz) /

WCDMA:Band I (2.1GHz) / Band II (1.9GHz) / Band IV (1.7GHz/2.1GHz AWS) / Band V (850MHz) / Band VI (800MHz) / Band VIII (900MHz) / Band X IX (800MHz) /

GSM:850MHz / 900MHz / 1.8GHz / 1.9GHz /

動きもスムーズで、とりあえず満足しています。AQUOS sense3 plusと比較して、明るさ調整が暗めなことや、電池持ちが悪いという点もありますが、ウマ娘も快適に動いてくれます。本体サイズはAQUOS sense3 plusとほとんど変わらず、画面が縦に延びた感じなのですが、出来れば横幅もほんの少し伸ばして欲しかったです。


最初に購入したIS03と現在使っているreno5Aを比較すると、サイズも大きくなり動きもスムーズになりましたが、家族達は早い段階で全員iphoneに変えてましまいました。私も時にiphoneを使ってみたくなることもありますが、これからもAndroidスマホを使っていこうと思っています。





0 件のコメント :

コメントを投稿

AQUOS

OPPO