お勧めの投稿

「iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max」「iPhone XR」「iPhone 8/8 Plus」価格

9月11日、Appleは、iPhoneの新モデル「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」を発表しました。9月13日21時より予約受付を開始し、9月20日に発売されます。iPhoneの新モデル「iPhone 11/11 Pro/11...

アドセンスのポリシー違反にAmazonアソシエイトの広告が引っかってしまいました


以前、アドセンスにおけるタバコに関するコンテンツについて少し書いたのですが、今回は、ポリシー違反の解除に苦労したので、少し覚え書きとして書いておきます。


先月、ブログのドメインを変更しており、変更前にはポリシー違反にはなっていなかった記事ですが、ドメイン変更後にコンテンツ違反と判定されてしまいました。


単なるヴェポライザーのレビュー記事で、こういった記事は、いくつかの機種について書いています。


そのうちの1記事がポリシー違反と判定されました。


タバコ関連背品の販売ページなどへのリンクがあると違反になるのは分かっているのですが、今回はそういったリンクも無く、少し戸惑いました。


記事をヴェポライザーの宣伝と受け取られないように添削して数度再審査をやったのですが、ポリシー違反は解消されませんでした。


あきらめで記事を消そうかとも思ったのですが、もう一度記事をよく見直すと、アマゾンアフィの広告が張ってありました。


アマゾンアフィの広告自体はポリシー違反では無いのですが、検索広告がだめだったようです。


禁煙グッズを表示するようにしていたのですが、これが引っかかっていました。


これは以前ヴェポライザーを表示するものを貼り付けたところ、ポリシー違反と判定されたので、禁煙グッズに変更して解除された記憶があります。


禁煙グッズもタバコの販売に関する宣伝になるのでしょうか?


このアマゾンアフィの広告を外したところ、すぐにポリシー違反は解除されました。


解除されるまでの間に、記事の内容を変更して、かなり内容の薄いものになってしまいました・・・・


なんか、アドセンスは個人のブログにはとっても厳しくなった気がします・・・・




0 件のコメント :

コメントを投稿

関連コンテンツ