楽天モバイル・ahamo・povo2.0・LINEMOプラン比較


 こんにちは!

今回は、楽天モバイルや、キャリア各社のサブブランドの低用量プランを比較していこうと思います。単純にデータ通信だけなら比較は難しくありませんが、キャリアのサブブランドは、いろいろ割引されたりすることがあるので、そこも含めて比較していこうと思います。尚、キャンペーン割引は考慮していません。


・楽天モバイル

楽天モバイル

家族割や、回線割りなどはありません。特徴は、Rakuten Linkを使えば、通話料が無料になることです。通信料もシンプルで分かりやすいものになっています。 海外指定66の国と地域で利用可能(2GB超過後は最大128kbps)。先日10分かけ放題で1,100円のオプションが追加されました。auローミングについては、5GB/月を超えると1Mbpsに速度制限されます。

・0~1GB

かけ放題(Rakuten Link使用):1台目は0円

かけ放題(Rakuten Link使用):2台目からは1,078円

・1~3GB

かけ放題(Rakuten Link使用):1078円

・3~20GB

かけ放題(Rakuten Link使用):1,980円

・20GB~

かけ放題(Rakuten Link使用):3,278円


・ahamo

ahamo

家族割や、回線割りなどはありません。料金プランは1種類のみでとてもシンプルです。dカードで支払うと、毎月1GB(ゴールドカードなら5GB)が貰えます。追加料金不要で、海外82の国・地域でデータ通信がご利用可能。

・20GB(データ使用後1Mbps)

5分かけ放題:2970円

かけ放題:4,070円


・povo2.0

povo

家族割や、回線割りなどはありません。基本料金無料で、トッピングを追加する形になっています。auらしいごちゃごちゃした料金プランになってきました。60GBと150GBのトッピングは、3か月もしくは6か月使ってくれたら料金を割り引くよということなのでしょうが、どんな利用形態を想定しているのか全く分かりません。povoでは、20GB利用後の速度は1Mbpsでしたが、povo2.0では128kbpsへと改悪されています。また、povoのドメインはpovo.au.comでしたが、povo2.0はpovo.jpとなっています。名前は同じですが、中身は全く別物になっているようです。こういった所がauらしいですね。国際ローミンは提供予定。

・基本料金(速度128kbps)

0円

・1GB(7日間)

390円

・5分かけ放題:940円

かけ放題:2,040円

・3GB(30日間)

990円

5分かけ放題:1,540円

かけ放題:2,640円

・20GB(30日間)

2,700円

5分かけ放題:3,250円

かけ放題:4,350円

・60GB(90日間)6,490円

2,163.3円/30日(20GB)

5分かけ放題:2,163.3円/30日+550円/月(2,713.3円)

かけ放題:2,163.3円/30日+1,650円/月(3813.3円)

・150GB(180日間)12,980円

2,163.3円/30日(25GB)

5分かけ放題:2,163.3円/30日+550円/月(2,713.3円)

かけ放題:2,163.3円/30日+1,650円/月(3813.3円)

ほかにもトッピングはありますが、今回は割愛します。


・LINEMO

当初20GBプランのみでしたが、3GBプランが追加されました。料金プランはシンプルで分かりやすいです。特徴はLINEギガフリー(LINEのトーク・通話が使い放題)です。海外での利用は別途費用が必要です。

・3GB

990円(データ使用後300kbps)

5分かけ放題:1,540円

かけ放題:2,640円

・20GB

2,728円(データ使用後1Mbps)

5分かけ放題:3,278円

かけ放題:4,378円


楽天モバイルの料金プランは変更なし、ahamoはLINEMOの3GBプランに対抗プランを作りませんでしたが、povoが3GBプランを作ったことで、対抗プランが出来るかもしれません。しかし、ahamoに3GBプランを作ると、現在ギガライトを利用しているユーザーの相当数がahamoに移動していまう可能性があり、収益へ打撃も大きくなるので、現状維持の可能性もかなりありそうです。povoは20GBプラン28円値下げして、3GBプランを追加しましたが、通話は月単位で、データは日単位と、プランにずれがあります。また1GBのトッピングができたのは良いのですが、こちらは7日間となんとも微妙なものになっています。また、データ使用後の128kbpsもネット閲覧には厳しい速度ですが、待ち受け専用やガラケー用には良いかもしれません。povo1.0を使っている知人に感想を聞いたところ、5GBや10GBのプランが欲しいと言っていました。私も個人的には3GBから20GBはちょっと飛びすぎではないかと思います。

私は現在楽天モバイルを利用していますが、先月までは25年以上auを使ってきました。povo2.0の発表がもう少し早く、1GBプランが30日単位であれば、ちょっと悩んだかもしれませんが、楽天モバイルの通話無料は圧倒的なアドバンテージだと思います。他キャリアもRakutenn LinkのようなRich Communication Services (RCS) 規格の通話アプリを作れば、比較的容易に通話無料に出来るのではないかと思いますので、是非やっていただきたいと思います(収益がかなり減るので当面はやらないと思いますが・・・)。楽天モバイルの料金は現状私にとって最良のプランですが、やはり基地局不足は否定できません。今後は基地局建設を頑張ってもらって、他キャリアの値段を押し下げてもらえばよいなと思います。ahamo・povo2.0・LINEMOのプランはいまだ、万人向けのプランにはなっていないと思いますが、楽天モバイルがどこでも繋がるようになったとき(いつのことかはわかりませんが)キャリヤやサブブランドの料金設定がどうなっているのか今後が楽しみです。







0 件のコメント :

コメントを投稿

AQUOS

OPPO