Snapdragon™ 480 5G 搭載エントリースマホまとめ

2021年12月7日火曜日

スマホ

t f B! P L

 こんにちは!

 最近は、各キャリアから「Snapdragon™ 480 5G」を搭載したスマホが続々と発売されています。安いスマホが欲しい人や、今後3Gが終了していくのに伴ったケータイからの機種変更用という意味合いも強いと思います。今回は、2021年夏モデル以降の「Snapdragon™ 480 5G」搭載の5モデルのスペックと特徴などを見ていこうと思います。

今回紹介するスマホは、「OPPO A54 5G」「Xiaomi Redmi Note 10 JE」「FCNT arrows We」「OPPO A55s 5G」「AQUOS wish」の5機種です。おサイフケータイについては、OPPOの2機種以外は対応しています。


OPPO A54 5G

OPPO A54 5G

OPPO A54 5G

 約6.5インチの大きな画面と5,000mAhの急速充電に対応した大容量バッテリーが特徴です。カメラは4,800万画素のメインカメラ、200万画素マクロカメラ、800万画素の超広角カメラ、200万画素のモノクロカメラの4眼構成です。しかし、防水防塵には対応していません。また大容量バッテリーを搭載した結果重さは200gと、かなりの重量になっています。カメラ最優先ならこのスマホになります。


Xiaomi Redmi Note 10 JE

Xiaomi Redmi Note 10 JE

Xiaomi Redmi Note 10 JE

 約6.5インチの大きな画面と4,8000mAhの大容量バッテリーを搭載し、防水防塵に対応しています。カメラは4,800万画素のメインカメラ、200万画素のマクロカメラ、200万画素の深度測定カメラの3眼構成で、超広角カメラが付いていれば、まさに全部有りのスマホでした。重さは、「OPPO A54 5G」と同じ200gです。スペックを考えれば、コスパの良いスマホだと思います。


FCNT arrows We



この機種の特徴は、泡タイプのハンドソープで丸洗いできるだけでなく、アルコール除菌にも対応している点です。また、あやしいサイトから身を守る「フィッシング詐欺警告機能」、電話帳未登録の連絡先から着信があると、事前に教えてくれる「迷惑電話対策機能」や、通話音声を解析し、けん制と注意喚起をする「還付金詐欺対策機能」が付いています。スペックはエントリースマホという感じで、必要なものは一通り付いています。カメラは、1,310万画素の名カメラと、190万画素のマクロカメラの2眼構成です。au、ドコモ、ソフトバンクから発売されており、お年寄り向けという意味合いが強い機種だと思います。


OPPO A55s 5G

OPPO A55s 5G

OPPO A55s 5G

6.5インチの大画面はA55と同じですが、防水防塵に対応しました。バッテリー容量が4,000mAhとなって、重量は約178gと少し軽くなりました。また厚みが8.2mmと、5機種の中では最薄です。生体認証は顔のみとなり、指紋認証がカットされています。カメラは、1,300万画素のメインカメラと、200万画素の深度測定カメラの2眼構成です。A55を防水防塵対応にして、カメラの質を落とした感じですが、6.5インチの画面は維持しており、画面の大きなエントリーカメラという感じです。おサイフケータイに対応していれば、全部有りでした。大画面の安い防水防塵スマホが欲しい方には良いと思います。


AQUOS wish



シャープのシンプルスマホです。エントリースマホというスペックです。カメラは1,300万画素の1眼のみで、少し見劣りします。まず残念なのはディスプレイがIGZOではない点です。バッテリー容量は3,730mAhと5機種の中でも最小なのになぜIGZOでは無いのか?バッテリー容量が小さい分、重さは162gと5機種の中では最も軽くなっています。最近のスマホは思いものが多いので、軽いスマホが欲しい方にはこれが良いと思います。


楽天市場

OPPO


AQUOS

このブログを検索

QooQ