お勧めの投稿

小型で安いHEPA空気清浄機「Levoit LV-H126」を買ってみました

ここ数年、ずっと鼻が乾燥気味で、気分の悪い思いをしています。花粉症もあるので、それも原因の一つとは思うのですが、そのうち年中鼻が乾燥してむず痒くなってきました。花粉以外の原因として考えられるのは、ハウスダスト。と言うことで、何か安くて良さそうな空気清浄機がないかと物色していました...

「Xperia 5」に見るホントは得じゃない❗ソフトバンクの得するサポート


何かと話題になっている携帯キャリアのスマホ返却プログラムですが、実際支払額はどうなのか「Xperia5」で比較してみました。




auはまだ価格がわからないので、NTTドコモとソフトバンクの比較です。

24回支払時の総額はいったいどうなっているのか?

NTTドコモ

定価 87,912円

スマホおかえしプログラム(36回払い)利用で24回支払時の総額

2,442円×24=58,608円

実質割引額 29,304円

ソフトバンク

定価 116,160円 (iPhoneでもそうですが、ソフトバンクは定価が高い

得するサポート(48回払い)利用で24回支払時の総額

(2,420円+390円)×24=67,440円

実質割引額 48,720円

au

定価 90,720円

新プラン(36回払い)利用で24回支払時の総額

2,520円×24=60,480円

実質割引額 30,240円


24回支払い時の総額で見れば、端末代金のみならそれほど差はありませんが、プログラム料を考慮すると、ソフトバンクが高くなります。

割引額で比較すれば、ソフトバンクが多くなるのですが、そもそもソフトバンクは定価が高いので、支払総額で比較するNTTドコモの方が安いという結果となりました。

定価を高く設定して割引が多いように見せかける手法は、昔、楽天の優勝セールでもあったよな気もしますが、消費者を馬鹿にした売り方ですね。ソフトバンクらしいと言えばそれまでかもしれませんが、こういうことをやるからソフトバンクは好きになれない・・・




0 件のコメント :

コメントを投稿

関連コンテンツ