お勧めの投稿

「iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max」「iPhone XR」「iPhone 8/8 Plus」価格

9月11日、Appleは、iPhoneの新モデル「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」を発表しました。9月13日21時より予約受付を開始し、9月20日に発売されます。iPhoneの新モデル「iPhone 11/11 Pro/11...

【アドセンス】タバコに関するコンテンツについて


最近ヴェポライザーの記事を書いているのですが、時々ポリシー違反になります。


違反内容は、

タバコに関するコンテンツについて

Google のプログラム ポリシーに記載されているとおり、巻きタバコ、葉巻、タバコパイプ、巻紙など、タバコやその関連商品を宣伝しているページに Google 広告を掲載することは許可されません。

と言うことで、タバコ関連の商品の宣伝と認識されると、広告配信が制限されます。

ヴェポライザーに関する記事を書いていない頃には、こういった違反に該当したことはなかったのですが・・・

当初は、アドセンスではタバコに関するコンテンツがポリシー違反になるとは知らなかったので、アフィリエイトでヴェポライザーへのリンクを貼っていました。

当然ですが、ポリシー違反となりました。

しかし、リンクを外しても消えないことがあります。

私としては、ヴェポライザーの使用で、タバコ代が節約になったと言うことを言いたいのですが、結果として、ヴェポライザーの宣伝と受け止められる結果になっていると言うことだと思います。

放置すると、歯抜けページになってしまうので、回避すべく記事を書き直しています。

取とりあえず、これがダメだと思われることを列挙しておきます。


リンク先

・タバコ関連製品のページ(販売ページでは無くても場合によって違反となるようです)

スペーサー

上の写真は、C-Vapor3のヒーティングチューブスペーサーですが、販売ページへのリンクはダメです。

・ニコチン入りのリキッドの使用が出来るのでvape関係のページ

・タバコ関連のために使う工具類(ヴェポライザーの記事でなければOKなものでもダメみたいです)

ステンレスパイプ・パイプカッター

スペーサーとして使うなら、パイプや、パイプカッターの販売ページもダメっぽいです。

文章

・喫煙を推奨するような内容


ざっとこんなところですが、タバコ関連の記事自体がダメなわけではないようで、今自分が使っているものを紹介する程度は違反とはならないようです。

リンク先の内容のために違反とされることもあるので、リンクは極力控えて、タバコ関連商品を宣伝せず、日常を紹介する感じなら、違反とはならないのではないかと感じています。

アフェリエイトが主な目的ではないので、タバコやその関連商品の宣伝と受け止められないように気をつけていこうと思います。













0 件のコメント :

コメントを投稿

関連コンテンツ