ドコモ版「AQUOS sense6」とau版「AQUOS zero6」の対応周波数が追加されました


 こんにちは!

今日はドコモ版「AQUOS sense6」とau版「AQUOS zero6」の対応周波数の追加についてのお話です。対応周波数に関する追加情報をシャープ広報が明らかにしたと言うことで、それについて見ていこうと思います。

ドコモ版「AQUOS sense6」

AQUOS sense6
対応バンドは以下の通りです(赤字が今回追加されたBand)。

5G: n77、n78、n79
4G:4G:1、3、5、12、1718、19、21、39、4

5Gのn77はauとソフトバンクが使用するバンドです。4GのBand17は700Mhz帯ですが現在日本では使われていません。4GのBand18はauのプラチナバンドです。これらのバンドの追加によって、auとの親和性はかなり高まりましたが、ソフトバンクのプラチナバンドであるBand8に非対応であるため、ソフトバンクの親和性はかなり低いと言えます。auとソフトバンクに非対応での発売予定が変更になった理由は分かりませんソフトバンクのソフトバンク及び楽天モバイルから発売されるAQUOS zero6の対応周波数を見て、慌てて追加したのかも知れません。結果として、auでは使えますが、ソフトバンクのプラチナバンドのBand8に非対応なので、ソフトバンクでは使えませんよという感じですね。au版AQUOS sense6の対応周波数次第ではさらなる追加もあるかも知れませんね。どうせやるなら全キャリアに対応すれば良い思いますが、ソフトバンクからは発売されないので、auの周波数にだけ対応したと言うことでしょうか。なんともセコいですね。


au版「AQUOS zero6」

au版「AQUOS zero6」

対応バンドは以下の通りです。

au

5G:n28、n78、n77、n78

4G:1、 2、3、457、8、1217、18、3841、42

ソフトバンク・楽天モバイル

5G:5G:n3、n28、n77、n78、n257

4G:1、2、3、4、5、7、8、12、17、18、38、41、42

au版では、ソフトバンク版と楽天モバイル版にある5Gのn3とn257(ミリ波)が入っていません。4Gについては、今回、band2、4、5、7、12、17、38、41が追加されて、ソフトバンク版及び楽天モバイル版と同一の対応周波数になりました。band2、4、5、7、12、17、38については、どのキャリアでも利用されておらず、BanモバイルWIFIなどで利用されているようです。今回の対応周波数追加が無くても、ソフトバンクや楽天モバイルに対応していますが、対応周波数が少ないと見た目が悪いために追加したのかも知れません。それにしても3キャリアともドコモのプラチナバンドであるBand19には非対応です。やはり敵はドコモと言うことでしょうか?ちなみに、AQUOS sense5GSIMフリー版ではBand19に対応しているので、AQUOS sense6とAQUOS zero6のSIMフリー版ではBand19に対応すると思われます。

今後、どのキャリアも使えるモデルを各キャリアが発売する日は来るのでしょうか?SIMフリーで発売しても、Band縛りをしているようでは意味ないのですが・・・・企業として競争に勝つことは重要ですが、しっかり稼いでいるのだから、もっと利用者に優しいスマホを発売して欲しいですね。






0 件のコメント :

コメントを投稿

AQUOS

OPPO